どこかのだれかへ

ボク、プログラマ。

在宅業務の昼飯にマッスルデリを試してみた

4月中旬から在宅業務に移行しリモートワーク生活を満喫していますが、これによって平日の昼飯事情も変わりました。 出社時は社食で食べていたんですが、在宅業務では外食が基本になります(昼に自炊する気は一切ない)

お財布や時間のことも考えると家の周りで外食ってローテーションがワンパターンになりがちだし栄養バランスも良いとは言えないので、なんかいい方法ないかなぁと思っていました。

そんなときに榎宮祐さん(ノーゲーム・ノーライフ作者)がTwitterで時間がない時は「マッスルデリ」が良いという話が出ていました。

マッスルデリはボディメイク向けのお弁当宅配サービスなんですが、数十種類ある栄養バランスの取れたメニューからランダムでお弁当を届けてくれるサービスです。 これなら栄養バランスもカロリーもいいし、弁当暖めるだけだし、飽きもしない、すごいいいじゃん!ということでまずは5食分だけ注文して試しました。

結論から言えば、その5食分だけで止めました。理由は2つ。

1つは値段の高さ。注文する時点で当然分かってましたが、一食1000円超えるんですよね。1食分としては出せない額ではないですが、自分としてはやっぱり弁当に1000円越えはコスパが悪いと判断しました。 とはいえ内容が良ければ毎日とは言わず忙しいときだけマッスルデリに置き換えるという手法もあるので、これだけでは完全に止めるという選択肢はなかったです。

もう1つ、致命的なのがブロッコリーが入っていたこと。僕はブロッコリーが大嫌いです。マッスリデリのInfomationには「 【苦手なメニューがあった時は…】 | Muscle Deli 」という記事があり、対応してくれそうな雰囲気があったので、注文時の注釈に「ブロッコリーが苦手なので、入っているメニューは避けてほしい」という書いておきましたが1食にブロッコリーが入っていました。

ブロッコリーの存在によってせっかくの食事休憩が苦痛になり、その苦痛に1000円出す気はしないです。

マッスルデリがメニューを選べて確実に嫌いな物をよけることが可能であれば、時間節約や栄養バランス等を考えてリピートもあり得たかもしれませんが、正直ブロッコリー問題はでかいので結局もうそれっきりです。

あと僕はあまり気にしなかったけど、やっぱりボディメイク用ということもあり鶏肉メインが結構多くてメニューたくさんあるから飽きない、とも言い切れないのもまた微妙でした。