どこかのだれかへ

職業ゲームプログラマ。気になったニュースのピックアップや開発日記などを書いています。

引っ越ししたら、デスマーチを思い出した

先日引っ越しを行いました。

実は上京してから一度も引っ越したことがありませんでした。学生の時に上京した際は父親と軽トラに荷物積んでやってきましたが、自分の私物なんてものはごくわずかでした。

なので引っ越しでまともな荷造りというのは初めてだったんです。荷造りなんて1日頑張ればなんとななるかなと思ったんですが、全然終わらず。結局休日を何日か潰し、さらには平日も夜中まで作業してなんとか終わらせることが出来ました。

正直、荷造りしている時も終わりが見えずデスマーチ感があったんですが、本番は荷ほどきでした。

引っ越し先は1Kなんですが、ダンボールをいざ広げていくと部屋がダンボールで一杯になるんですよね。休む場所がないほどに。そして量が多くてまったくもって終わる気がしない。やればやるほど足の踏み場がなくなっていく。

やればやるほど自体は悪化していき、終わりが見えない、そして安地がない。頭の中は結構テンパっているというか、結構参ってしまって、その感覚は以前仕事で出会ったデスマーチに近かったです。

当初はちゃんと収納とか考えて荷ほどきをするつもりでしたが、もう辛かったので方針を変更してとりあえず各個ダンボールを撃破する、仕舞う場所がなくてもひとまずダンボールから出して並べるという風にすることで、ダンボールの数は減っていき空間の圧迫感もなくなって気持ちも楽になりました。

おそらく今回で一番の失態は面倒でベッドの組み立てを後回しにしていたこと。ベッドという安息の地が安定しておらず、またパーツが高さがあるため空間の圧迫にも繋がっていました。ベッドは早めに組み立てないとダメだなと感じました(実はベッドはすぐに買い換え予定だったので、最初は組み立てるつもりなんてなかった)

精神的に参った時、誰かと話をしたかったんですが、こういう時に気軽に呼び出せる友人がいるといいんですけどね……新居の近くにバーがあったのでそこに駆け込もうともしましたが、人見知りの自分には無理でした。