どこかのだれかへ

職業ゲームプログラマ。気になったニュースのピックアップや開発日記などを書いています。

腱鞘炎にはテーピングが良い感じ!

木曜日の夜に右手の小指に腱鞘炎の症状が出ました。プログラマとしてはある種の職業病とも言える腱鞘炎ですが、特に私はキータッチが強めなのでなりやすい傾向です。

キータッチをもっと柔らかくしてもキーは反応するのでそれはちょっと改善していきたいなと思いつつ、キーボードのキー荷重が軽いヤツにしたいなぁと思いました。

でもよく考えれば現在使用しているRealforceのNG01B0のキー荷重は変荷重でキーによって荷重が異なります。小指らへんのキー荷重は30gで比較的軽い部類なんですよね。 HKKBは全部45gなのでたぶん小指死んじゃいそう。

今回は金曜日になった時点で症状はなくなったので事なきを得ました。

以前、人差し指が腱鞘炎担ったときはテーピング買ってきて指を固定して仕事をしていました。ようは指が動かなきゃいいので、テーピングすると劇的に楽になりますし、しばらくしたら直りました。 指を伸ばすと痛くなるので伸びないようにしたんですが、キーボード打つときなんて指の形は大凡動かないので特に支障はありませんでした。

腱鞘炎になったらテーピング、オススメです。

その当時、参考にしたWebサイト
指 : 指を伸ばすと痛い時 | テーピング 巻き方 | バトルウィン™