どこかのだれかへ

職業ゲームプログラマ。気になったニュースのピックアップや開発日記などを書いています。

PelicanでGitHub Pageを使用する時のghp-importの使い方

Tepp's noteはPelicanを使ってGitHub Pagesにユーザーサイトとして公開しています。

通常、元となる記事のテキストファイルはsourceリポジトリに置いており、それをビルドしてhtmlを作成し、masterブランチに公開するようにしています。この時、sourceブランチとmasterブランチはそれぞれが独立しています。

sourceブランチとmasterブランチは全く別物なので、sourceブランチで作成したhtmlをmasterブランチに持っていくのは大変です。

これを助けるのがghp-importで、コレを使うことで、sourceブランチにいながら、masterブランチにファイルをアップすることが可能です。

ghp-import -b master -m "○○の記事を更新" output

branchを指定しないとghp-pagesというブランチにアップされるので注意してください。またコメントも書かないと標準の「Update documention」という物になってしまいます。