どこかのだれかへ

職業ゲームプログラマ。気になったニュースのピックアップや開発日記などを書いています。

ボトルネックが…違う!

仕事で少しの間暇だったので、「じゃあこの軽いタスクをやってよ」と言われて別担当の人のタスクを実装したのだけど、どうにも気持ちカクつく気がする。

これは参ったなと思いつつ、今日は当初の予定よりももう少し広くコードを見たところ、問題箇所っぽいのを発見。これは解消せねばと当初の予定より加筆するハメになり、色々試行錯誤するもあと一歩届かず1日使っても、問題が解決しない(なんというかやるべき事は分かっているけど良い感じにコードが書けない)。

ゴールが見えず気弱になり、しょうがないから、とりあえずこれをいったんコミットして落ちつこう、とコードを整理して戻して、定時前によし最後の確認だと動きを実機で確認して色々操作してて、気付いた。 当初、Aの状態になっているなら常に重いはずだが、Aの状態では重くならず、そこからさらにBの状態になって初めて重くなると言うことに。さらに時間経過とともに徐々にカクツキがひどくなる。

当初の思ってた所ならこんな挙動をするわけがない。心あたりがあったので調べてみたら、案の定その原因は自分が加筆した部分、作りの問題じゃなくて単純なバグが原因だった。

結局、定時のあとも残業して修正してカクツキは解消。今日の1日はなんだったのかという悲壮感よりも、ゴールの見えてないかった修正をする必要がない(したほうがベターだが)という安堵感が大きかった。

そして結果、実は自分のミスなのに他人が書いたコードを問題視していたことになり、自分が恥ずかなり、もっと頑張らねばと思った今日の1日。