どこかのだれかへ

ボク、プログラマ。

意見は言える時に言っとかねばならぬ。

プログラムでAとBに意見が分かれて、僕はA派で話の流れからもしてもAに行きそうだったので何も言わなかったんだけど、なぜか最後はBになってて???となってしまいました。

Bになってしまったことはもうしょうがないんですが、自分がつ持つBのデメリットポイントが考察されておらずBになってしまった可能性がある、というのが結構な後悔ポイントでした。

とはいえ、昔は昔で自分が意見した結果、そっちの方向になったけどやってみたら良くなかったということもあったので難しいです。

新型コロナでGDCは延期、E3はキャンセル

今日(11日)の昼間くらいからE3のキャンセルの噂がTwitterで流れていましたが、ついに公式アナウンスで新型コロナの影響でE3キャンセルになったことを公表されました。 www.e3expo.com

新型コロナやばいですね。弊社でも時差出勤が推奨されており、人が集まらないように会議も大分減りました。

時差出勤はあれど、個人的にあまりコロナの影響は受けていなかったんですが・・・・・・。

一昨日仕事中に使っていたBoseノイズキャンセリングが断線によって故障しました。Boseは保証期間後は定価の半値くらいで有償交換してくれるのでBoseショップ言って有償交換の手続きをしました。

経験上1週間くらいかなぁと思っていたら「交換品は4月中旬頃になると思います」と言われてしまいました。1ヶ月以上かかるじゃん!

(恐らく)新型コロナの影響で中国から商品が来ていない、とのことでした。実は会社のほうでもPC納品が遅れてたりと中国が絡む物流にはかなりの影響が出ているようです。

マスクはもはや手に入りませんが、個人的には予防は圧倒的に手洗いうがいが重要だと思っているのでそこだけはきっちりとやっていきたいなと思います。消毒液ももう売っていなくて手に入らないんですけど、キレイキレイは普通に売ってるんですよね。手洗いしましょうよ。

UE4の学習コストが辛い

最近は自宅でUE4を使ってゲームを作ろうとしていますが、学習コストが高くて辛いです。

簡単なこと(モデルを描画)や移動等は簡単に出来るしチュートリアルもしっかりしているんですが、結局そこから外れてゲーム独自に機能を作り始めて少々とがったことをしようとすると途端にやり方が分からなくなってしまいます。

特にC++関係のドキュメントの少なさ。これはブループリントやれよっていう啓示かもしれませんが、どうしてもC++でやらなきゃいけない場面というは出てきています。

Action RPGとかはいいサンプルですが、正直Action RPGを読み解くのもかなり大変なので、もう少し小さいものがあるとうれしいです。

というわけでフルスクラッチからUE4に移行して爆速で開発するぞ!!とか思ってたんですが、相変わらずの遅さです。

今年はなにかしら形にしたいんですが、本当にこのままで大丈夫なのか。

Google Chromeが真っ黒になった時の対処方法

普段、Google Chromeを使っているのですがGPUを新しくしてからGPUドライバーを更新した時に時折画面が真っ黒になってしまう場合があります。というか今さっきなりました。

ウィンドウ内すべて(タブや閉じるボタンまで)が真っ黒になってググれなくなってしまうのでChromeしかブラウザを入れていないとお手上げ状態です。

ではこんな時どうすればいいのか。

僕の場合は「%USERPROFILE%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\ShaderCache」を削除することで解決しました。シェーダーのキャッシュが古くておかしくなる。たしかに辻褄が合います。

また、対症療法的ですがコマンドラインオプション「--dsable-gpu」を使ってGPUアクセラレーションを無効化してしまうという手法もあります。

ただしこの手法では本来(GPU描画)の症状がなくなったわけでもないし、cpuレンダリングなので動画を見たときにテアリングが高確率で発生するのでお薦めできません。知ってて損はないかも。

PythonのGUIライブラリはどれがいいか、Googleトレンドで確認してみた

ちょっとしたことやるときにPythonをよく使いますが、GUIツールは今まで作ってきませんでした。

デザイナーとかアーティストはCUIを嫌うのでGUIほしい場合があるんですが、ではPythonではどのGUIライブラリを使うのがいいんでしょうか?

今回は、TkinterPyQt、Kivy、wxPythonGoogleトレンドで比較してみました。

表示では全世界を対象にしていますが、日本だけを対象にした場合でも結果はほぼ変わりませんでした。 やはり標準機能であるTkinterが強いようです。

個人的なイメージですが、PytQtはライセンスがLGPLなんでちょっと手が出しづらい印象。社内ツールとはいえ抵抗はあります。Kivyは左下標準が慣れない。wxPythonは資料少ない。

ということでとりあえずTkinterを触っていくことにします。

郷には入れば郷に従え、暗黙のコーディング規約。

仕事の愚痴なんですけどね。

会社単位・プロジェクト単位でコーディング規約が決まってるところがあるかもしれませんが、僕の現在のプロジェクトには明示的なコーディング規約はありません。

でもコード見ていると微妙な違いはあれど一応コーディング規約にも傾向があるわけです。恐らく初期メンバーの人が規範となっていてそれを周りがまねしているんでしょうけど。

コーディング規約はこれがいいっていうのは宗教戦争になってしまい答えがでないのでとやかく言うつもりはないんです。

百歩譲って新しくcppやらhやらのコードファイル作って新クラス作るなら独自のコーディング規約でもいいです。

でも既存コードに対して変更入れるときに合わせないとかもうアホなのかと。関数内でコーディング規約違うとかだめでしょ。

周りに合わせてコーディング規約を統一して視認性をあげるのは当然だと思ってたんですが、これをやらない人が思った以上に多い。マジで理解できない。きれいなコードを書こうという意識はないのか。

新人ならまだしも同じくらいのキャリアの人がやっているから余計に意味が分からない。

せmて、同じコードファイル内ではコーディング規約を統一してほしいです、という愚痴でした。

Slack上での話し合いが疲れたので原因を考える

Aさんととある機能の必要の有無に関してSlack上で話し合いをしたんですが、終わった後すごい疲れた事に気づいたので、なんで疲れたのか振り返ってみます。

今回の場合、チーム全体のチャンネル上のスレッド内で話し合っており、基本は1on1でしたがたまに周りから意見が出てだいたい25返信くらいで話し合いは終了しました。メールベースだとあり得ない往復回数ですね。

言葉を選ぶのに疲れる

テキストでは感情が伝わりにくいので、言葉を選ぶ必要があります。なので言いたいことは決まっているけどそこから言葉を選び文章を構築するのにはなかなかの体力を消耗しました。

ちなみに誰宛ってわけじゃないですが ^^; みたいな顔文字が1回相手から送られてきてかなりイラッとしました。なんでこの顔文字いらつくんだろう。

時間が長くて疲れる

そんなことを互いにやっているのかどうか知りませんけど、そのせいで1つ1つの返信に時間がかかります。話し合いの場合どうしても相手の発言を待つし、なんやかんやで2時間くらい立ってたんじゃないでしょうか。

会議で2時間、て考えるとそりゃ疲れますよね。 待っている間も結局自分の意見をまとたりして脳を動かしているので疲れました。

仕事が溜まって疲れる

話し合いの場合、どうしてもSlackにつきっきりになってしまうのでその間は作業がストップします。話し合いが終わった後、もう帰る時間なのに目の前にある仕事を見て気持ちが落胆してしまい精神がすり減り疲れました。

たまたまその仕事は遅らせられなかったので、帰りたくても帰れず疲れました。

結論

3つ理由を挙げましたが、結局口頭ベースに比べて必要以上に長い時価なかかっているのが主原因な気がします。とにかく話が進むのが遅いです。

Slackというよりも、そもそもテキストベースでの認識あわせや確認を超えた向かい合って話すような事はできる限りするべきではないというのが僕の結論です。

今回は口頭で話そうとしたらちょうどAさんが他の人に捕まっていてしょうがないのでSlackで発言、そこからの流れでSlack上でやりましたが長くなるとも思っていなかったこともあり、今となっては後悔しています。1on1でこれだからもっと人が増えてきたらと思うと恐ろしいですね。

Slack自体は非常に便利で日々仕事で使っていますが、今回のように長くなりそうな事に気づいたら口頭等のアプローチを取るべき、というのが今日の教訓です。